ウェブフク(Webhook)でスマートデバイスとウェブサービスを連動することができます。 次の内容でウェブフクについて詳しく調べてください。

  • ウェブフクとは。
  • マイクロボットプッシュウェブフクを使用
  • 使用例1:マイクロボットプッシュとアップルウォッチをインカミングフク(Incoming Hook)で連動
  • 使用例2:マイクロボットプッシュとSMSをアウトゴーイングフク(Outgoing Hook)で連動

ウェブフクとは。

特定イベントやアクションでデータを外部にメッセージの形で伝送する機能です。 ウェブフクは関わりのない二つ以上のアプリやサービスを連結します。 ウェブフクで希望するデバイスやサービスを連動して使用することができます。

ウェブフクで連動可能 :

- 物理的なデバイス: マイクロボットプッシュ、マイクロボットシリーズ、アップルウォッチ、フリックなど。

- インターネットサービス:ペイパル、ツイッター、フェイスブック、ワッツアプリ、スカイプ、スラグ、ドロップボックスなど

必要事項: 

  • 連動するウェブフクに対応するデバイスとウェブフクサービス
  • ウェブフク対応しないデバイスやウェブサービスの場合はIFTTTのメーカー(Maker)チャンネルを利用してください。IFTTTアカウントが要ります。

原理: ストーリーラインを作成する前にウェブフクをインカミングフクかアウトゴーイングフクかを指定します。

目的に合うセンサーとアクターを設定して求める連動を可能にします。

  • インカミングフク(Incoming Hook) マイクロボットプッシュで他のアプリとウェブサービスのメッセージを受信します。 受信されたメッセージでマイクロボットプッシュを作動させることができます。

例) アップルウオッチで電灯を消してというコマンドを(インカミングフクするとマイクロボットプッシュが電灯のスイッチを消します。

  • アウトゴーイングフク(Outgoing Hook)はマイクロボットが特定の条件で他のウェブサービスにポスティングします。アウトゴーイングフクで他のウェブサービスとスマートデバイスに特定のアクションを使用することができます。

例) マイクロボットプッシュに関わる動作が行った時、マイクロボットプッシュはxxxにHTTP requestを発信(アウトゴーイングフク)します。

マイクロボットプッシュウェブフク機能

ウェブフクの設定: 「…」をタップするとプッシュの設定が表示されます。設定でウェブフクのアイコンをタップします。

ウェブフクの種類: マイクロボットプッシュはインカミングとアウトゴーイング全部対応します。 マイクロボットプッシュで4種類のインカミングフックが可能です。

  • プレス(Press):マイクロボットプッシュがボタンをクリックすると、チップが再び上がります。
  • プッシュ(Push):マイクロボットプッシュがボタンを押した後、押した状態で動作を維持します。
  • リリース(Release):マイクロボットプッシュがボタンを押してチップが上がった状態を維持します。
  • リビル(Reveal):マイクロボットプッシュLEDの色が変わり、置いた場所を簡単に見つかることができます。

インカミングフックの使用: 使用中のスマートデバイスとウェブサービスのインカミングフックのURLをコピーして連動するスマートデバイスとウェブサービスにつけます。 マイクロボットが設定した特定イベントで作動します。

アウトゴーイングの使用: 使用するスマートデバイスとウェブサービスのインカミングフックを探してアウトゴーイングのURLをペーストして設定をクリックします。 マイクロボットに関わったイベントが起きた時にスマートデバイスに関連アクションが実行されます。

参考: 使用するデバイスのウェブサービスの開発者文書(API documentation)でURL以外の情報を確認してください。

使用例1:マイクロボットプッシュとアップルウォッチをインカミングフック(Incoming Hook)で連動

使用の目標: 電灯スイッチに設置されたマイクロボットをアップルウォッチで制御

基本原理: マイクロボットプッシュがアップルウォッチからHTTTPの要請(ウェブフク)を受信すると、マイクロボットプッシュが電灯をつけたり消したりします => インカミングフック.

マイクロボットが電灯にインストールされた時、トグルモード代わりに'プッシュフック'と'リリースフック'を使用して制御することができます。

連動: マイクロボットプッシュアプリで'プッシュフック'URLを使用するをクリックして、コピーしてアップルウォッチアプリのリクエストのリストを選択します。新たなリクエストとして'電灯を消す'という名前で作成してポストを方法として'プッシュフック'URLを付けます。 同じ方法で'リリースフック'も設定します。

連動の使用: アップルウオッチでリクエストをタブしてウェブフクで電灯スイッチを消すことができます。

使用例2:マイクロボットプッシュとSMSをアウトゴーイングフク(Outgoing Hook)で連動

使用の目標: マイクロボットがボタンを押すと、SMSで知らせます。

基本原理: マイクロボットがボタンを押すと、HTTPの要請(ウェブフク)でSMSを発信することができます。 => アウトゴーイングフク. IFTTTのウェブフクとSMSサービスでこのフックを作ることができます。

アウトゴーイングフクの設定: IFTTTのカウントを作成してWebhookを検索し、連結(Connect)します。 右の設定

をクリックしてウェブフク設定で次のURLhttps://maker.ifttt.com/trigger/use/yourkeyをコピーします。

IFTTTアプレットを作成: IFTTTで"If Webhooks receive a web request、then send me an SMS(ウェブフクがウェブリクエストを受信するとSMSメッセージを送る。)"というアプレットを作成します。

  • IFにウェブフクを選択してreceive a web request(ウェブ要請を受信する)をイベントを設定します。
  • THENには'SMS'を選択して'send me an SMS'(私にSMSを送る)を選択して’create the action'(アクションを生成する)と'Finish'をクリックしてアプレットを保存します。

プッシュアプリでアウトゴーイングフクを設定: マイクロボットプッシュアプリのウェブフクでIFTTTからのURLをアウトゴーイングフク入れて設定をタップすると完了されます。

Did this answer your question?