お家にあるスマートフォンとタブレットをマイクロボットと連結するハブとして使用することは使用者の経験に大きな影響を与えます。 

ソフトハブの長所

1. .スマートハブの購入が必要ではない

マイクロボット・クラウドは使用者に余分のスマートフォンとタブレットをハブとして使用できる可能性を提供します。 これをソフトハブと呼びます。 使わない、スマート機器を家に置いて使用するハブとして使用してください。 新たに機器を買う必要がないことから、経済的であり、古い機器の新しい可能性を探してみてください。

2. 携帯に便利

ソフトハブは携帯が容易します。 3G/4GやWiFiに連結されれば、場所を移る度に、ハーブを再設定する必要がありません。

 

ソフトハブの短所

1. スマートホーム制御に限度がある

ソフトハーブを使ったスマートホームは、スマートフォンとタブレットのOSに多くの影響を受けることになります。 各スマートフォンブランドのサーバーで機器への命令を伝達する際、政策と条件が異なるからです。 サーバーで、スマート機器に伝達する命令には限度があります。 

例えば、アイフォンの場合には1時間当たり送ることができるアラムの数が定められています。ここを参考にしてください。OSによる割当されたアラームを使用した場合にサーバから重要なデータを受信しなかったり、新たな使用が更新されるまで待たなければなりません。

 

2. 制限された使用時間

各スマートフォンOSはバッテリーを節約するため、一定時間が経つとアプリを引く政策があります。 アプリが継続して実行されるようにしなければデータはアップデートを止まることになるます。 マイクロボットアプリの場合にはブルートゥースがアプリをずっとついた状態で維持できるようにします。 一定間隔で決まった時間にアプリがついているためにこのまた、データを一定に受信するには限界があります。 周辺のデータを受信したり、機器の状態などのアップデートがアプリの画面と若干の差があり得ます。

3. 連結性と品質が一貫していない

スマートフォンとタブレットはそれぞれのブルートゥースとWiFiのチップセットを使用しており、製品の性能と無線接続(ブルートゥース/WiFi)が異なることができます。 使用者としての経験は、使用する機器によって大きく異なることができます。

 

製品よって性能が変わっていないためには、?

使用しようとするスマートフォンとタブレットが使用に制限が多いなら、マイクロボットハブを使用することをお勧めします。 マイクロボットハブはマイクロボットと連動して使用するが、スマートフォンやタブレットのような制限や性能低下がありません。

  • お知らせに限度ないこと
  • 使用時間に無制限
  • 連結と品質が一貫される

マイクロボットハブは使用者のスマートホームを向けた24/7制限のない経験を提供します。

Did this answer your question?