マイクロボット・クラウドはユーザーに追加にあるスマートフォンやタブレットをハブとして使用を可能にしてくれます。 スマートデバイスをハブに変更したハーブをソフトハブと呼びます。 マイクロボットクラウド購読プランを利用しようとすると、ハブとして使用する追加的なスマートデバイスが必要です。


参考: 스スマートフォンをハブとして使うことは使用者経験に重要な役割をします。詳しくは次の スマートフォンをハブで使用する長所と短所 をよんでください。

必需事項:

  • iOS 9.0, Android 6.0 以降のバージョン
  • BLE (Bluetooth 4.0 以上) 対応のデバイス
  • マイクロボットプッシュアプリの設定: 位置情報や通知がONになっているかを確認

マイクロボットプッシュアプリをダウンロード: マイクロボットプッシュはiOSとAndroidデバイスでお使いいただけます。

認証リンク(マジックリンク)を受信:マイクロボットプッシュアプリを開き、マイクロボットクラウドで使うメールアドレスを入力してください。

入力したメールアドレスに認証の「マジックリンク」を受信します。

デバイスの認証:マジックリンクを受信トレイで確認し、マジックリンクをタップして認証を取ります。
認証完了のためマイクロボットプッシュアプリにリダイレクトされます。

注意: マジックリンク(認証リンク)は3分後、無効になります。無効になると、もう一度、メールアドレス入力して新しいリンクを受信してください。 

参考: 1分後でも、マジックリンクを受信していない場合、アプリを再起動してメールを入力してください。 デバイスのネットワーク状態とマジックリンクが迷惑メールに届いてないかを確認してください。 

初期化:初期化が終わるまでしばらくお待ちください。初期設定が終わりましたら、スタートをタップします。

ペアリングされたマイクロボットとスマートフォンと共に左のメーニュに表示されます。

ソフトハブの使用: マイクロボットとソフトのハブをブルートゥース半径(10-18 m)の中において使用します。 (アンテナ性能により距離は異なります)

参考:マイクロボットを制御するデバイスは必ず電源がONの状態でなければなりません。全員が消えると、マイクロボットを制御できません。ロック画面状態でもマイクロボットを制御することができます。 

Did this answer your question?