ストーリーラインは自動化ルール、スマートホームを実現する技術です。 マイクロボットプッシュやスマートデバイス、またはウェブサービスと連携して現実のものを制御することができます。 ストーリーズアプリは日常の言葉で自動化ルールを作成します。

ストーリーラインを作成する方法は次のようです。

1. ストーリーズアプリを起動します。

2. 「+」ボタンをクリックし、新しいストーリーラインを作成します。

3. 「When」ボタンをクリックすると、作成ウィンドウが表示されます。(または、「when」を直接入力すると、ストーリーラインを作成できます。)

ストーリーラインには二つの要素が必須となっています。

- センサーストーリー

センサーとイベントで構成されたセンサーストーリーは、アクターストリを実行するための条件設定の部分です。 設定条件が満たされますと、ストーリーラインが実行されます。

- アクターストーリー

アクターとアクションで構成されたアクターストリは、ストーリーラインで実行する動作を設定します。

4. センサーストーリーの設定

-「センサーを設定」で該当する項目をクリックすると、使用可能なセンサーのリストが表示されます。 センサーで使いたいデバイスやサービスを設定します。

- イベントの条件(Conditon)を追加的に設定できます。

- 右上の「確認する」をクリックしてセンサーストーリーを保存します。 センサーストーリーがストーリーラインに表示されます。

5. アクターストーリーの設定も同じ方法でできます。

- 「アクター設定」をクリックすると、アクターとして使用できるリストが表示されます。

- アクターが設定されると、アクターが実行するアクションのリストが表示されます。アクションを選びます。

-アクションのコンディションや追加オプションを設定します。 (デュレーション繰り返しの設定など)

-「確認する」を押してアクターストーリーを保存します。

6. 保存します。

Did this answer your question?