ウェブフック(Webhook)は特定のイベントとアクションデータを外部にメッセージの形で伝送する機能です。
プロタはインカミングフック(Incoming Hook)とアウトゴーイングフック(Outgoing Hook)を活用することができます。

アウトゴーイングフックはプロタが特定の条件で(センサー)他のウェブとサービスにポストします。 アウトゴーイングフックはストーリーラインのアクション(Action)リストから選択できます。

例)"メールを受信すると、プロタはゼンデスク(Zendesk)にポストする要請をする"

アウトゴーイングフックを使ったストーリーラインは次のように作成します。

1. ストーリーズアプリで新しいストーリーを作成します。

2. センサーストーリーを作成します。 センサーとセンサーのイベントを選択して保存します。

3. ウェブフックをアクターに設定します。

4. アクターのアクションで、POSTを選択します。

5. インストラクションでURLアドレスと要請ヘッダー(Request Header)などを設定します。

インストラクションの設定のため、ポスティングする機器やウェブサービスの開発文書(API documentation)を参考してください。

6.ストーリーを保存すれば、完了されます。

Did this answer your question?